クレカ持つのは難しい??

賢く使うことで豊かな生活

お店で商品を購入する時には、商品の対価を現金で支払うことが一般的です。その際には、商品の受け渡しと対価の支払いが同時になされることになり、店舗側にとって代金が受取れないと言うリスクは発生しません。一方、クレカによる支払方法では、店舗側は、商品を顧客に手渡す際に代金を受け取ることが出来ません。支払(決済)は、後日、クレカ会社が利用者に代わって店舗側に支払いをします。クレカとは、このように代金の支払いを後払い(ポストペイ)するものですので、カード発行に当たっては、個人の信用力を審査しなければなりません。

クレジットカードの申込場面

企業に雇用されると、給与を降り込む金融機関が必要なため、殆どの方が銀行のキャッシュカードを作ることになります。その際に、クレジット機能を付与することが可能です。金融機関サイドでは、給与振込みと言う確実な信用力があるために、クレジット機能を付与することに支障がありません。利用者は、キャッシュカード一枚で、クレジット機能も享受することが出来ます。また、クレジット機能を持つカードには、様ざまなブランドがあります。国際的に利用できるブランドのカードを作成すれば、海外に旅行や出張で出かけた時に活用することが出来ます。カード会社はカードの発行申込みに際して、審査機関において個人の収入や、債務、カードの利用履歴などを審査し信用力をチェックします。信用力に応じて、カードの利用限度額が決められます。また、一般カードよりもランクの高いゴールドカードなどを持つことは、個人の社会的信用力を示すものでもあり、一種のステータスとされています。このように、日常生活の上で便利に活用できるカードですが、利用には個人の自己責任が伴います。紛失や盗難などで悪意のある利用者に無断で使用されるトラブルが多発しています。カードを作る時には、トラブルに際しての対処法などを規約でどのように定めてあるかなど、理解しておくことが必要です。そのために必要な情報はココに記載されています。→審査が甘い、通りやすいクレジットカードはココ、参考にしてみてください。

 

クレカの審査とは

路面店舗で商品を購入する際にはもちろんのこと、飲食店舗での会計時やオンラインショッピングの際の決済方法としても用いることができるのがクレカです。高価な商品を分割払いで購入することができるため、家電製品やブランド品などの高価な商品を頻繁に購入する方は、ぜひ保有しておきたいカードとなっています。もちろん数百円といったような少額の会計時にも利用することが可能であり、スムーズな会計をした方や、おつりでもらうことが多い小銭を持ち歩きたくないといった方にもオススメです。

 

テレビコマーシャルなどでも見かけるように、ファミリーレストランなどの大衆店舗でも利用できるケースが増えてきているため、一枚は保有しておいて損することはないのです。

クレジットカードの申込書類は郵送で

また、オンラインショッピングを頻繁に利用する方ほど、保有しておくべきカードと言うことができるでしょう。これは、数ある支払い方法の中でも、手数料がかからない支払い方法として利用できるためです。

 

 

銀行振り込みや代引きなどの方法を用いた際には、振り込み手数料や代引き手数料といった少額の金額が掛かるケースが大半であるため、少しでも節約したいのであれば、カード払いを選択した方がお得なのです。こういったさまざまなシーンで活用できるクレカですが、その保有のためには審査を通過しなければいけません。

 

 

審査とは、職業や年収、居住形態といった個人の属性がみられるものとなっており、こういった属性がカードの発行を希望する業者の水準を満たしていることで、カードの発行が可能となるのです。

 

 

無職で収入がない方や住居を転々としている方、過去にカードの支払いを滞らせたことがある方などは、発行を断られるケースがあることを覚えておくといいでしょう。

 

 

また、クレカにはショッピング枠とキャッシング枠と呼ばれるものがあり、この枠を大きく確保しようとすればするほど、審査の基準が厳しくなるものだというのも覚えておきたいポイントです。確実にカードを手に入れたいのであれば、少ない枠での申し込みをして置いた方が無難なのです。